【作例あり】XF60mmF2.4 R Macroをレビュー。マクロレンズ最初の1本に

もっと被写体に寄りたい

小さなモノを大きく写したい

そんな理由からマクロレンズの購入を検討。

少し悩んで「XF60mm F2.4 R Macro」を購入しました。最大撮影倍率0.5倍のハーフマクロレンズです。

使い始めて1年が経過しようとしていますが、買ってよかったと心の底から思う。これから先、マウントを変えない限り絶対に手放さない、と確信するほどに。

この記事では、そんなXF60mmの使用感をレビュー。まずは作例からご覧ください。

XF60mm F2.4 R Macroの作例

小さなモノを大きく写す

これがやりたかった。
小さなチョコレートを画面いっぱいに写す。

XF35mm F1.4 Rを使用しているとき「もっと寄りで撮りたいんだけどな…」と思うことが多々あったので、XF60mmを手に入れたことで解決。

断面の写真はこんな感じ。
絞ったときの解像感も好きなんですよね。

美味しそうな感じが伝わっていたら嬉しい。

中望遠レンズとしても使える

XF60mmは、35mm換算で91mm相当。

中望遠レンズとしても使えます。
風景の一部を切り取ったり、ポートレートで撮ったり。

開放絞りはF2.4。
けっこう好きなボケ感です。

マクロ撮影といえば、花。

雨の日に外へ。
公園に咲くユリの花を撮ってみました。

花びらに滴る雫が良い感じ。
マクロレンズを手にすると、花の撮影がより楽しくなる。

ちなみに、XF60mmは防塵防滴ではありません。水に濡れないようくれぐれもご注意を。

XF60mm F2.4 R Macro の使用感をレビュー

AF(オートフォーカス)は遅い

明るい環境であれば気にならないのですが…

暗いとAFの速度が気になる。

ちゃんとピントは合うんですけどね…。

X-T3を使用していても遅いと感じることがあります

動きの速いものを撮るには向いていないかな。

軽くて持ち運びしやすい

レンズの重さは215g
マクロレンズや中望遠レンズとして考えると驚きの軽さ。

そしてコンパクト
カバンに入れても場所を取らないので、自然と持ち運ぶ機会が増える。

ブツ撮り用に購入したけれど、様々なシーンで使えています。

ハーフマクロと等倍マクロ。XF80mmと比較

XF60mmの購入を検討しているのであれば、XF80mm F2.8 R LM OIS WR Macro の存在も気がかりでしょう。

あちらは等倍マクロ。
より被写体を大きく写すことができます。

どちらにするか悩んでいる人のために、気になるスペックや価格を比較しました。

XF60mmXF80mm
最大撮影倍率0.5倍1.0倍
重さ215g750g
防塵・防滴なしあり
手ブレ補正なしあり
開放絞りF2.4F.2.8
35mm換算91mm122mm
新品価格6万円代11万円代
中古価格5万円以下10万円代

比べた結果、私はXF60mmを選びました。

一番の理由は価格です。
中古でも10万円は手が届かない…。

ブツ撮りメインなので防塵防滴は必要ないし、三脚があれば手ブレ補正の心配もない。そう自分に言い聞かせました笑

購入前の懸念は最大撮影倍率のこと。

「ハーフマクロで大丈夫か?」と心配でしたが……私の用途であれば問題なかったです。被写体を大きく写すには十分過ぎた。

XF60mmは手放さない

XF60mmは小さくて軽いレンズ。
マクロならではの写真を撮るために、これからも使い続ける予定です。マウントを変えない限り手放しません。

マクロ撮影はこれ1本で満足しているため、XF80mm F2.8 R LM OIS WR Macro を買い足すこともないでしょう。

新品は6万円代。
中古なら5万円以下で購入可能。
性能はもちろん、価格的にもおすすめです。

マクロ撮影に興味がある人はご検討ください。

最後に作例をもう1度