【作例あり】XF14mm F2.8 Rをレビュー。歪みを抑えた超広角単焦点レンズ

超広角単焦点レンズ「XF14mm F2.8 R」を手に入れました。

すでに超広角ズームレンズ「XF10-24mm F4 R OIS」を持っているんですけどね…

どうしても重さ歪みが気になりまして……悩んだ末に購入へと至りました。

使い始めて4ヶ月が経過。
やはり私には、軽くてコンパクトなレンズが性に合っているようです。違和感を感じるような歪みもなく、お気に入りのレンズのひとつ。

この記事では、そんな「XF14mm F2.8 R」の作例や使用感をご紹介。購入を検討している方の参考になれば幸いです。

まずは作例からご覧ください。

【作例】XF14mm F2.8 R【前編】

created by Rinker
富士フイルム
¥54,428 (2020/07/04 23:46:43時点 Amazon調べ-詳細)

作例の続きは記事の最後に。

XF14mm F2.8 Rの特徴

  • 2013年発売
  • 35mm換算で21mm
  • 手ブレ補正なし
  • 開放絞り:F2.8
  • 最小絞り:F22
  • 最短撮影距離:18cm
  • 重さ:235g
  • フィルター径:58mm

レンズの使用感をレビュー

軽いって素晴らしい

レンズの重さ235g。
そしてコンパクトなサイズ感。2本目のレンズとして気軽に持ち運べる。

初めての場所を訪れる際、もしかしたら広角で撮りたいシーンがあるかもしれない。そんなときのために、鞄の中に潜ませています。

結果的に使わないこともありますが、持ち運びの負担が少ないからOK。

歪みが気にならない

XF10-24mmで感じていた不満。

そのひとつである歪みが抑えられてる気がします

富士フイルム公式サイトには「徹底して抑えられた歪曲収差」と書かれており、今まで撮ってきた写真を振り返ってみても、違和感を感じるものは少ない。

そのおかげもあり、Lightroomで歪みを補正する手間もなく、時間的な効率化に繋がっています。

寄りで撮れる超広角単焦点レンズ

最短撮影距離は18cm。
被写体の近くまで寄れます。

建物の外観や室内、風景用に購入しましたが、料理写真も意外といける。いざというとき活躍するかもしれない。

しかし近づきすぎると歪みが目立つので、これ1本で万事OKとはならない。

安心のF2.8

XF14mmに手ブレ補正なし。
X-H1のように、カメラ本体に手ブレ補正が備わっていなければ注意が必要です。

私のカメラはX-T3。
ボディ内手ブレ補正はありません。手持ちで夜の撮影は厳しいかな、と思っていましたが……

開放絞りF2.8は心強い。
暗くてもしっかりシャッタースピードをかせげました。

撮った写真を見ても目立った手ブレはなく満足しています。

焦点距離14mm(換算21mm)について

旅行先のホテルにて。
客室の様子を撮ってみました。

クイーンサイズのベッドを設置した、そこそこ広い部屋でしたが、部屋全体を写すことに成功。

よほど狭い空間でなければ、問題はなさそうです。

XF14mmとXF10-24mm、どちらかひとつを選ぶなら

XF10-24mmを使用していたとき、ワイド端(10mm)で撮るケースは稀でした。

広すぎる画角のせいか、画面端に余計なものが写り込む。それが嫌で少しズームして使っていました。

あれ、それなら14mmの単焦点でよくない?

そう思ってしまったんです。

XF14mmは軽くてコンパクト。
手ブレ補正はないけれど、開放絞りF2.8の明るいレンズ。歪みも気にならなかった。

XF14mmとXF10-24mm。
両方とも持っていますが、もし手元にひとつしか残せないと言われたら……迷うことなくXF14mmを選びます

Amazonなら新品で8万円代。
XF10-24mmより安く手に入る。

超広角レンズを検討しているならオススメ。

created by Rinker
富士フイルム
¥54,428 (2020/07/04 23:46:43時点 Amazon調べ-詳細)

【作例】XF14mm F2.8 R【後編】

created by Rinker
富士フイルム
¥54,428 (2020/07/04 23:46:43時点 Amazon調べ-詳細)