クラシッククローム

クラシッククロームの特徴

特定のフィルムではなく、グラフジャーナリズム全盛期の雑誌や、ドキュメントタッチの写真集に“印刷されたイメージ”を徹底的に見つめることから画質を設計しました。

今までの絵づくりとは明らかに違う、僅かに渋みを含んだ色彩とシリアスな階調。単なる事実を写した画像ではなく、撮影者の視座や思いが込められた写真へ。新フィルムシミュレーション「クラシッククローム」が、写真表現の領域を拡げます。

富士フイルム公式サイト

特設ページにも書かれている通り、すでにあるフィルムを再現したのではなく、ドキュメンタリータッチの雰囲気を再現。独特な色味を演出しています。

彩度は抑えめ。
カラフルな色合いが好みならおすすめしませんが、渋くて雰囲気のある色味を求めるならイチオシ。RAW現像しなくてもjpeg撮って出しで満足できるくらいには。

言葉で語るよりも見た方が早いと思うので、作例をご覧ください。

jpeg撮って出しの作例

クラシッククロームをカスタム。撮って出しの作例

ここからは以下の4項目を調整。

  • ハイライトトーン
  • シャドウトーン
  • カラー
  • シャープネス

クラシッククロームをベースにカスタマイズ。街並み、花、食べものを撮ってみました。

特に注目していただきたいのは城。
シャドウトーンとカラーをプラスにすることでより渋く。重厚な佇まいに。

他のフィルムシミュレーションと比較

クラシッククローム|プロビア

クラシッククローム|エテルナ

使用したカメラ

X-T3

使用したレンズ

XF23mmF2 R WR

XF35mmF1.4 R