フィルムカメラでイルミネーションを撮影

冬はイルミネーションの季節。
街に明かりが灯り、夜の撮影が楽しく感じる今日この頃。

今年はフィルムカメラを手に入れたので、イルミネーションの撮影に挑戦!

使用したフィルムはこちらの2つ。

  • 業務用100
  • SUPERIA Venus 800

使用したカメラは KLASSE S
設定はカメラ任せのプログラムオート。

はたしてどのような写りになったのか。各フィルムの写真をご覧ください。

「業務用100」で撮影

ISO感度100のフィルム。
不安はありましたが、撮れないことはなかったです。

目立ったノイズもなく写りは好み。

しかし、ブレてしまった写真が多く残ったのは残念

業務用100でイルミネーションを撮るなら、1発勝負はおすすめしません。

何枚か撮って、その中に当たりが1枚でもあればラッキー、くらいの気構えの方が良いのかも。

「SUPERIA Venus 800」で撮影

続いては高感度のフィルムを装填。

ISO感度800の「フジカラー SUPERIA Venus 800」で撮影しました。

公式サイトには「ISO400レベルの粒状を維持しながら余裕の高感度を実現しました」と書かれていますが、はたして結果は…?

全て手持ちで撮影。
ブレてる写真もありますが、成功確率は格段に上がりました。

フィルムならでは粒子感もいい感じ。
実際に見た光景の色味に近く、とても満足しています。

手ブレ対策にミニ三脚を

手ブレ防止のために。
ミニ三脚があると安心。
手ブレする確率をグッと下げることができますよ。

念のため持っていったのですが、やっぱりあると便利ですね。

地面に置いてパシャリ。
水面に映るイルミネーションを、全くブレずに切り取ることができました。

ただ、地面に置くとファインダーを覗くのが大変。

もしかすると変なポーズをしているかもしれないので、周りの目は気にしておきましょう…笑

ちなみに、場所によっては三脚の使用を禁止しているところもあります

トラブルにならないよう事前確認をお忘れなく。

調べ方は、

  • 「施設名 三脚」で検索
  • 公式サイトの「よくある質問」をチェック

周りに迷惑をかけないよう、イルミネーション撮影をお楽しみください。